相談事例一覧に戻る

許せない!振り込み詐欺

〜手遅れのために、解決困難になってしまう相談があります〜

相談事例
 
 松川村の男性からの相談。「UFJニコス日本信販(株)」という会社(?)からハガキが届いた。どこから住所を調べたのか不明である。ハガキを開いてみると「本状は当社事前審査を通過されたご融資可能な方へのご案内です。」と書いてあり、また聞いた事のあるような名前だったので安心して電話してみた。
すると「保証金として10万円振り込んでください。お預かりしたお金は後でお返しします。」と言うので、サラ金から借金をして、疑わずに言われた通りにした。すると電話があり「銀行法の規定により、78,000円が必要ですので振り込んでください。」と言われたので、また振り込んだ。すると今度は「追加で、さらに78,000円かかりますので、振り込んでください。」と言われ「ああ、そうですか」と言って電話を切ったものの、さすがに「何でそんなにお金がかかるのか」疑問に思い、どうしたものかと迷った挙げ句に、こちらからその会社に電話してみた。すると、ハガキに書いてある電話は2本とも不通となっていた。

残念ながら、この段階での相談では、当センターにいかに優秀な顧問弁護士がいても、会社名も住所も電話も全てウソでは力になることはできない。ここは警察に奮闘していただく他ない。しかし、このような詐欺事件は増加しているようで、警察の方も手が回らないのが現状のようである。
ご丁寧にも「高額融資を理由に、保証金として先にお金を振込ませる。勝手に口座にお金を振込み高額の返済を請求する等、非常に悪質な業者が多発しております。十分にご注意ください。」とか「当社では、無料相談窓口を設置しておりますので、心当たりのある方はお気軽にお問合わせください。」などと、いかにも自分達は悪徳業者ではないかのように思わせるために「親切、丁寧」な文句が、怪しいハガキやチラシには必ず書いてある。「いろいろと話を聞いてくれて、とても親切だったので信用してしまいました。」という主婦からの相談もあった。

善良な市民の心をくすぐるような親切丁寧で、優しい応対をする「悪徳業者」が増えている。巧みな言葉に騙されないように、早めに当センターを利用してもらいたいと願っている。
(引地強一)

   
 このサイトをお気に入りに登録  
 
 相談無料・秘密厳守 電話は0263-39-0021  
   
Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
 
 
 © NPO Union Support Center All rights reserved.