相談事例一覧に戻る

民間駐車場への無断駐車について

相談事例

 個人で小さな駐車場を管理している市民から、1年ほど前からと思われるが無断で駐車されて迷惑している。その撤去についての相談がなされた。その方は、警察署に無断駐車の車を撤去して欲しい旨申し出たところ、これは「民・民」の問題であり、警察としては関与できないと言われ、どうしたものかとユニオンサポートセンターを頼ってきたものである。

 この自動車は軽自動車であったため、その所管は市町村(軽自動車税の賦課・徴収は市町村)であり、車両番号から所有者の確認を試みたところ、個人情報保護を理由に所有者の住所、氏名は公表できないと断られた。
 長期間にわたり無断駐車で大変困っていることを告げたところ、行政の責任で打開策を講じる旨の答えが戻ってきた。
 2週間ほど経過しても、依然車両はそのままであったため、再度撤去を行政に依頼。前回よりは強い調子の文言で督促するよう依頼した。10日ほど後、駐車場を管理している方から車両が撤去された旨の報告があり、一件落着となった。
(小松清志)

   
 このサイトをお気に入りに登録  
 
 相談無料・秘密厳守 電話は0263-39-0021  
   
Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
 
 
 © NPO Union Support Center All rights reserved.