相談事例一覧に戻る

労金の支援で借り入れを整理

相談事例

50歳のAさんは、妻と子供2人の4人暮らしで、勤続30年、年収も500万円を超えるようになり、贅沢はできないものの普通の生活を送っていた。
家計は妻が管理し、給料の振り込まれる通帳やキャッシュカードの妻が管理していた。アパート暮らしながら、特別な借入れもせず、自動車も積み立てた預金で購入するなど、健全な生活設計であったのは、妻の手腕によるところが大であった。
ところが、子供が進学し、教育資金がかかるようになり、住宅も取得する必要性も強くなったため、妻の家計管理はますます厳しいものになった。
このような家計状態の中で、Aさんは、自分の小遣いを捻出するため消費者金融に手を出すようになり、返済額が大きくなってくると返済のために別の消費者金融から借り入れをするようになった。3年ほどで、消費者金融5社から330万円の借入残高となり、毎月の返済も12万円以上となってしまい、とても自分の小遣いの中では返済できない金額になっていった。


労金での相談、整理

Aさんは、妻の手前、家族には相談できず、所属する労働組合に相談し、委員長と一緒に労金に来所した。
・労金では、Aさんの借り入れについて、消費者金融以外の借り入れも全て申告していただき、クレジットカードでも80万円の利用があることが判明しました。
 しかし、まだ、借入残高は年収の範囲内であり、遅れずにきちんと返済していることから、労金の「おまとめ君」により整理する方向で相談をすすめ、ボーナスから自己資金を捻出してもらい、400万円で借り替えることにした。
・このケースの場合は、別生計の連帯保証人が必要となったが、所属組合の役員が保証人になっため、スムーズに借り入れができ、全ての借り入れが整理できた。毎月の返済額も、クレジットまで含めると15万円以上であったものが、労金の「おまとめ君」に借り替えたことにより、毎月5万円で約10年の返済になり、毎月の返済負担は3分の1になった。
・また、労働組合とのチェック・オフにより返済金の賃金控除ができるため、自分で返済管理する手間もなく、生活に余裕ができるようになった。但し、Aさんには、今後このような事態に陥らないよう、保証人には迷惑をかけないよう、強く反省していただいた。

(長野県労働金庫松本支店)

   
 このサイトをお気に入りに登録  
 
 相談無料・秘密厳守 電話は0263-39-0021  
   
Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
 
 
 © NPO Union Support Center All rights reserved.